西太平洋地域の麻疹、風疹の流行状況

世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(WPRO)から定期発行されている麻疹と風疹の発生状況(Measles-Rubella Bulletin. Vol. 12 (1); January 2018)からの最新情報です。2018年1月20日までの情報が示されています。

 2017年に報告された麻疹の確定患者および症状の一致する患者の累積数は、中国が5,993人、マレーシアが1,648人、フィリピンが1,224人、ベトナムが667人と多く、日本は187人でした。人口100万人あたりの患者発生率が高い国は、マレーシア(52.9)、シンガポール(13.8)、フィリピン(11.8)でした。日本は1.5でした。
麻疹、風疹発生状況 2017,2018比較
2018年1月20日までに報告された主な国の風疹累積確定患者数は、中国が1,476人、フィリピンが448人と多く、次いで、ベトナムが190人、マレーシアが113人、モンゴルが13人、ラオスが10人でした。日本は5人でした。人口100万人あたりの患者発生率は、フィジーが4.4、フィリピンとモンゴルが4.3、マレーシアが3.6、ベトナムが2.0、ラオスが1.4、大洋州地域(全体)が1.2、中国が1.1でした。

 麻疹は非常に感染性の高いウイルス性疾患です。世界では、安全で効果的なワクチンがあるにもかかわらず、青少年の主要な死亡原因となっています。風疹は妊娠中に感染すると胎児に影響を及ぼす可能性があります。WHOは2020年までに麻疹と風疹を撲滅するという目標を立て、世界規模でのワクチン活動計画を展開しています。

引用元:厚生労働省検疫所 FORCE
https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2018/02221028.html

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*