在外公館ができる事、できない事(海外で病気や事故で治療を受けたとき、緊急入院したとき)

病気や事故で治療を受けたり、緊急入院が必要になったりするといった、健康面でのトラブルは海外でも起こり得ることです。万一、医療機関にかかったときには、莫大な医療費がかかる場合もあります。
このようなとき、在外公館では、患者さんや家族のさまざまな相談に応じ、情報提供や助言、支援を行います。
ただし、病院との交渉、医療費や移送費の負担、支払い保証、立て替えなどを行うことはできませんのでご留意ください。

海外から日本への医療搬送、病院との医療費の交渉につきましては、海外医療情報センターまでご相談ください。


 

 

参考:政府広報オンライン「海外旅行の事前準備とトラブルの際に在外公館がお手伝いできること」
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201108/1.html#anc03

カテゴリー: 関連記事 タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*