海外医療通訳と高額医療費の減額交渉
 海外医療情報センターには、医療のスペシャリストチームが存在し海外の病院で言葉が通じない状況に対応すべく英語を始めスペイン語、フランス語、ロシア語、アラビア語等々あらゆる外国語の通訳を行う業務を手掛けております。
 医療関係の翻訳及び通訳には、一般業務と異なる特殊な知識と経験、若しくは専門用語に精通し尚且つ医学用語の理解が必要です。
 急病や怪我を負った日本人の患者様が海外の医療機関で症状を伝え、様々な書類に必要な情報を記入し、正しい方法で提出するためにお手伝いを行い、あらゆる外国語で伝えられる診断や治療、手術前後のケアなども、日本語でわかりやすく説明致します。
 また、海外で暮らす日本人の方が抱く言葉への不安を解消し、安心して海外で暮らすことの出来るよう、受診手続きから診察・検査・手術などに同行し、医師との会話を多言語でサポート致します。
 海外旅行先での急病やケガを負ってしまったときも当センターにご相談下さい。
 楽しい旅行中に病気やけが等ないのが一番ですが、気温や食べ物の変化から体調を崩しやすくなりがちです。
 当センターは世界中殆どのに一流の通訳者を抱えておりますので、お客様のご旅行先で通訳者を手配することが可能です。
 万が一、急病や疾患した場合で、「症状をお医者さんに伝えられない」とか「どこの病院に行けばいいのか分からない」といった際には当センターをご利用下さい。
 外国の中でも欧米での病院で良くあるのが高額な医療費(治療費)の請求には驚きます。
 よく相談を受けるのがアメリカ本土へ旅行中に心臓疾患で救急搬送を受けカテーテル手術等を受け2週間程入院しただけで請求が3000万円、交通事故でも1000万円を超える金額が目立ちます。
  何故、海外医療費はこの様な高額な金額になってしまうのでしょうか?
 その多くは外国人だから高額な外国人向けのサービスを行っている医療機関であるのと旅行傷害保険から多額な料金を取れるとみられ高額請求に至る事が原因です。
 ほとんどの旅行傷害保険は名の通り傷害(いわゆる事故やけがに)には保障が手厚いが疾病(病気)には手厚く保障がなされていない商品が殆どです。
 事故と病は突然襲ってきます。心筋梗塞等で3000万円以上の請求が来れば保険会社の保障の限度を超えてしまうのが殆どです。
 私達、海外医療情報センターは専門知識のある教授医師らのスタッフで北米、欧州、ハワイ、中国、シンガポール等で外国の医療機関との海外高額医療費の減額交渉を行っています。
 治療明細書を取り寄せ翻訳解読を行い余分な治療、投薬、検査等を指摘し減額交渉を行い問題を解決しています。
 大まかですが、良くて半額から3割程の減額に成功しております。お悩みの方はご相談下さい。
 
連絡・相談をメール受付中
更新情報
GSMAT
当センターはGSMATの活動を応援しております。

(※下の広告はマウスオンで音が鳴ります)

Mission

外務省 海外安全ホームページ
外務省 海外安全ホームページで
海外の安全情報をご参照ください。
PDFファイルをご覧頂くには
Adobe Readerのインストールが必要です。(無料)
Flashをご覧頂くには
Flash Playerのインストールが必要です。(無料)