作者別: 広報アカウント

インフルエンザが北半球で大流行

WHOによると北米、欧州など北半球の温帯域でインフルエンザが大流行中であり、殊に東アジアでは中国を中心に流行が拡大しつつあるという。 インフルエンザは日本でも大流行が続いているが、一部の国では入院や緊急医療の機能が追いつ

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

平昌でのノロウイルス感染拡大

平昌でのノロウイルス感染拡大が続いています。 現地の五輪組織委員会もあらゆる対策を講じていますが、オリンピック観戦に行く方、選手団関係者の方々もマスク、手洗いの徹底等、充分な対策を実践しましょう。 万が一病気になってしま

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

海外医療搬送コラム 搬送手段、飛行機の選定について

当センターでは10年以上にわたり、200人以上の患者様を世界の各地から日本へ、また日本から海外へ医療搬送を行ってきました。迅速でかつ適切なルートの選定が求められる海外の医療搬送は実務経験が極めて重要です。 特に、搬送時間

カテゴリー: ブログ タグ: ,

【日本】インフルエンザ患者 3週連続で過去最多を更新

全国のインフルエンザの患者数は、平成11年以降3週連続で過去最多となった。今月4日までの1週間に1医療機関当たり54.33人と、特に東日本で流行が拡大している。 また、国立感染症研究所によりますと、これまでの5週間に検出

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

平昌 ノロウイルス感染 警備宿舎以外でも86人に

平昌五輪の民間警備員宿舎で4日夜から集団食中毒とみられる症状が発生した問題で、韓国・疾病管理本部は8日、検査した1102人のうち、86人からノロウイルスが検出されたと明らかにした。警備員宿舎では60人が集団感染し、ほかの

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

マラリアの発生状況-アメリカ大陸

アメリカ大陸では2005年から2014年にかけて、マラリア患者数が減少を続けていましたが、2015年、2016年、そして、最近では2017年も、増加(傾向)が見られました。2016年には、この地域の9か国(コロンビア、エ

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

海外医療搬送コラム 搬送前準備 患者様の情報収集について

前回は医療搬送費用についてご説明しましたが、今回から複数回にかけて搬送準備についてご説明していきたいと思います。 国際搬送を行う為には事前準備が重要であり、患者様の情報収集から始まり、搬送手段の決定、受け入れ先病院の選定

カテゴリー: ブログ タグ: ,

[タンザニア]コレラの発生状況

ザンビアとともにタンザニアでもコレラの流行に目の離せない状況になっている。 タンザニアに渡航、滞在する際は、 ・飲料水や歯みがき、うがいの水にはミネラルウォーターを使うか、十分に沸騰させた水を使うこと。氷は生水から作られ

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[ザンビア]コレラの発生状況

アフリカのザンビアでコレラの流行が拡大している。ザンビアでのコレラの発生状況は、4週間で患者数がほぼ7倍に増えている。感染の発生したすべての地区で、多岐にわたる部門で調整が行われた上で、公衆衛生上の対策が続けられている。

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

日本でインフルエンザ流行拡大

国立感染症研究所の集計によると、全国約5千の定点医療機関から報告された患者数を基に推計した1~7日の1週間の患者数は約124万人。前の週の約101万人に比べて20万人余り増えた。 共同通信 https://this.ki

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

海外医療搬送コラム 搬送費用について

皆様は医療搬送についてどのような印象をお持ちでしょうか? 一般的な医療搬送のイメージは災害時に被災地から医療機関までの搬送や、民間救急車を使った病院移転を想像されると思いますが、私達が主に行っている医療搬送は海外から日本

カテゴリー: ブログ タグ: ,

[中国]中国でもインフルエンザ猛威、疑い例・陽性反応確認例ともに過去3年比で激増―中国メディア

中国メディアの中国新聞社は10日、医療機関でインフルエンザの疑い例と診察された人、検査の結果、感染の陽性反応が出た人が過去3年間に比べて大幅に増加しているとする記事を発表した。 検査により感染の陽性反応が出た人は41.0

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[イエメン] コレラ流行の再興

2017年12月19日付けのWHO東地中海地域事務局(EMRO)のサイトで、イエメン公衆衛生・国民省より12月19日までのコレラ患者および死亡者の数が公表されました。 イエメン公衆衛生・国民省は、2017年4月に起きた(

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

2018年1月放映開始のTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」にて、海外医療情報センターから情報提供をさせて頂きました

2018年1月放映開始のTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」にて海外医療情報センターから遺体搬送についての情報提供等を協力させて頂きました。 当センターで培われた遺体搬送の経験が存分に活かされた迫真のドラマのようです。 是

カテゴリー: 関連記事

ボリビアから日本への看護師同伴の医療搬送

この患者様はボリビアからメキシコを経由して日本まで搬送いたしました。 写真はメキシコでの救急車内の様子です。

カテゴリー: 医療搬送の様子 タグ:

[バングラデシュ]ジフテリアの発生 2017年12月15日更新

2017年12月13日にWHOから公表された情報によりますと、バングラデシュのCox’s Bazarでは800人を超えるジフテリア患者が発生しています。  2017年11月3日から12月12日にかけて、ロヒン

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

インフルエンザワクチン不足の解消求め 医師らが緊急要望

インフルエンザワクチンの供給が例年より遅れ、一部の地域で不足している問題で、医師らで作る団体が7日、厚生労働省に対し、ワクチン不足の解消を求める緊急の要望を行いました。 インフルエンザは現在、全国的な流行期に入っています

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

ヨーロッパでの麻しん流行のアメリカ大陸への影響

2017年12月1日付で、汎米保健機関(PAHO)より、ヨーロッパでの麻しん患者の報告が増加していたことを踏まえて、(アメリカ大陸地域でも)人々を麻しんと風しんから防ぐために、調査活動の体制を強化し、適切な対策を実施する

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[中国]鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染例の報告(家禽との直接接触は避けてください。)

中国国内では、鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染例が報告されています。生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避けるなど、引き続き予防に心がけてください。 1.中国における鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める

インフルエンザの流行期に入った自治体が出始めている。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数(第44週、10月30日~11月5日、速報値)によると、既に流行期入りしていた沖縄県や福井県に続き、

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[マダガスカル] – ペストの発生報告(続報)

2017年10月20日づけでWHOアフリカ地域事務局よりマダガスカルで発生しているペストについての週報が公表されています。10月19日までに報告された患者は1,297人に上りました。 マダガスカルでは、2017年8月以降

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[マダガスカル ] ペストの発生報告

アフリカにおける感染症の発生状況の週報[第40週(9月30日-10月6日)]が公表されました。マダガスカルで発生しているペストのリスクに対する取り扱いが、Grade 1からGrade 2に引き上げられています。  マダガ

カテゴリー: 医療関連ニュース

マダニ感染症、イヌからも=厚労省、注意喚起

マダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について、厚生労働省は10日、イヌからヒトに感染した事例が徳島県で確認されたと発表した。既に野良猫にかまれた女性が発症して死亡した事例が報告されており、哺乳動物を介

カテゴリー: 医療関連ニュース

病院から韓国仁川空港まで呼吸器を付けた医療搬送の様子

カテゴリー: 医療搬送の様子 タグ:

肺がんが中国で最も発症率の高いがんに

山東省青島市で開かれた、2017年度の世界華人医師協会年次総会において、中国科学院の赫捷院士は中国のがん発症率には近年、大きな変化が生じていることを明らかにした。新華社が伝えた。 赫捷院士は、「1970年代に発症率と死亡

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

[欧州] 50歳以上のHIV感染者が急増 6人に1人 欧州疫病予防管理センター 「この世代にも予防策の啓蒙を」

欧州疫病予防管理センター(ECDC)が発表した2015年の研究結果によれば、欧州31ヶ国における調査で、HIVの新規感染者の17%が50歳以上であることが判明した。調査対象となった31ヶ国のうち50歳以上のHIV感染者数

カテゴリー: 医療関連ニュース

[オーストラリア] ビクトリア州モーニントン半島 人喰いバクテリア 猛威を振るう 感染者159人 3年前の約3倍

南東部ビクトリア州で今年に入り、手足などの部位に感染しやすく、感染した部位を壊死させる「人食いバクテリア」と呼ばれる「ブルーリ潰瘍」が猛威を振るっている。9月現時点での感染者は159人で、3年前の3倍以上となっており、特

カテゴリー: 医療関連ニュース

麻疹の流行

海外、特に欧州で麻しん(はしか)の感染例が多く報告されています。欧州に渡航する方は周りの人に感染を広げないためにも、予防接種を受けることを検討してください。 http://www.anzen.mofa.go.jp/inf

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

『海外×医療』イベント 6/10 CAN net様

 CAN net様 ( http://can-net.jp/ , https://www.facebook.com/cannet2013/?__mref=message , https://twitter.com/CAN

カテゴリー: 関連記事

鳥インフルエンザA(H7N9)への対応について

中国、香港及びマカオにおける鳥インフルエンザのヒト感染に関して 3月16日現在、中国、香港、及びマカオにおいて、 鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染が急増しています。 特に中国において、2017年2月の感染報告数は

カテゴリー: 医療関連ニュース

タイ航空機ビジネスクラスにストレッチャーを組み込んだ搬送

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

医療用ジェット機による中国への搬送の様子

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

No.200 クリミア・コンゴ出血熱

 9月1日 スペインの保健省より2例のクリミア・コンゴ出血熱の感染報告が発表されました。このケースでは1例目の患者が死亡、2例目は1例目の患者を看護した看護師が感染、病院で治療を行い症状は安定しているとのことです。  ク

カテゴリー: 医療関連ニュース

NO.201 ジカウィルス感染症(ジカ熱)予防のポイント

 2015年5月以降、中南米を中心にジカ熱が広がっており、アジア圏でも感染が確認されています。感染した場合でも症状が現れるのは2割程度で、ほとんどの場合は軽症ですみます。  しかし、稀にギランバレー症候群や妊婦が感染する

カテゴリー: 医療関連ニュース

搬送中の航空機内でのシリンジポンプや人工呼吸器を付けた幼児

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

中国 エコノミークラス6席分ににストレッチャーを組み込んだ座席の様子

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

人工呼吸器を付けて通関する様子

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

韓国 空港にて救急車から搬送する様子

カテゴリー: 医療搬送の様子, 実際の活動

韓国 ICUにて脳溢血の患者の打合せの様子

カテゴリー: 実際の活動

2010年3月 (肝臓移植)術後の患者さんとスタッフ

カテゴリー: 実際の活動

2008年7月(肝臓移植)患者さん帰国 中国の空港にて 患者さんとスタッフ時さんと笹岡くん

カテゴリー: 実際の活動

2008年7月 (肝臓移植)退院帰国直前の患者さんとスタッフの笹岡くん

カテゴリー: 実際の活動

2008年7月 (肝臓移植)帰国時 スタッフと医療スタッフに見守られて嬉しそうに機内にて食事する患者さん

カテゴリー: 実際の活動

2008年7月 (肝臓移植患者)退院帰国直前の患者さんと笹岡くんと川島くん

カテゴリー: 実際の活動

(肝臓移植)手術室に入る前の患者さん

カテゴリー: 実際の活動

2008年6月 (腎臓移植)手術前の患者さんとスタッフ温くん

カテゴリー: 実際の活動

腎臓移植手術直前の患者さんとスタッフの時さん

カテゴリー: 実際の活動

2007年12月 腎臓移植直前スタッフと患者さん

カテゴリー: 実際の活動

腎臓移植直前スタッフと患者さん

カテゴリー: 実際の活動

2007年11月 腎臓移植手術直前スタッフ温くんと患者さん

カテゴリー: 実際の活動

2006年10月腎移植 術後ICUにて 患者さん

カテゴリー: 実際の活動

2006年10月 腎臓移植後の患者さんとスタッフ上原君

カテゴリー: 実際の活動