海外の救急車事情

海外の救急車事情

日本の救急車は119番で要請でき無料です。

また救急車到着時、かかりつけの病院があればその病院を優先に救急搬送してもらえることが多いです。

無料でここまでのサービスを提供している国は、ほかの諸外国をみても珍しいといえるでしょう。

 

今回はいくつかの国別に見た救急車事情を比較してみたいと思います。

  • アメリカ:ダイアル911にて救急車要請可も有料(約300ドル~)。病院指定はできない。かかりつけなど希望病院から救急車を要請することも可能。メキシコ:ダイアル911にて救急車要請可も有料。しかし、直接病院から救急車を要請した方確実とのこと。
  • イタリア:ダイアル113か118にて救急車要請でき無料!基本、病院は選べない。
  • フランス:ダイアル15にて救急車要請可も有料(約250ドル~)。医師が同乗している。
  • 中国:地域によって異なる。香港:ダイアル999 無料/北京・上海:ダイアル120 有料(タクシー料金の2倍以上)
  • ネパール:ダイアル901にて救急車要請可も時間がかかる。直接病院から救急車を要請したほうが確実。
  • ベトナム:ダイアル115にて救急車要請可も有料(約150ドル~)。公的機関より直接病院から救急車を要請した方確実とのこと。
  • タイ:地域によってダイアル191にて無料で救急車要請可も、直接病院から救急車を要請したほうが確実とのこと。
  • フィリピン:かかりつけの医師から紹介された病院に連絡するか、直接病院から救急車を要請。または民間の救急車アシスタンスサービスに連絡。
  • ケニア:ダイアル999無料も繋がらないことが多い。民間の救急車アシスタンスサービスに連絡するか、直接病院から救急車を要請したほうが確実。
  • ブラジル:ダイアル192で救急車の要請可能も時間がかかる。直接病院から救急車を要請したほうが確実。
  • ドバイ:ダイアル999にて救急車要請可。 搬送先の病院が公立なら無料だか、私立だと有料。

 

 

〇。〇。〇。〇。〇。/

上記のように、各国々によって救急車の要請形態はさまざまです。

特に発展途上国は比較的、病院や救急会社から救急車を要請したほうが確実な傾向にあります。

海外に渡航の際には、公共機関の電話番号だけでなく、近くの設備の整った病院や言語が通じるクリニックなどの電話番号も控えておくのがよいかもしれません。

 

 

また、上記の情報は地域によって違いがある可能性があります。

現地の情報や外務省が掲載しているものなどを参考にしてください。

 

 

 

カテゴリー: ブログ タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*