[日本]秋田県羽後町立病院でインフルエンザ集団感染40人、2人死亡

秋田県羽後町立病院でインフルエンザ集団感染40人、2人死亡
25日、秋田県羽後町で14人の入院患者と26人の医師および職員がA型インフルエンザを発症した。そのうち80代の患者2人が死亡。
病院によると、13日に医師がインフルエンザに感染していることが判明、その後スタッフと入院患者に症状が次々と発生し、20〜25日に入院中の男性1人、女性1人が死亡した。
死亡した男性と女性は誤嚥性肺炎と慢性心不全の持病が有った。
病院では、単一の部屋で感染が確認された入院患者を隔離するための措置が取られた。
25日現在、発熱のある人はいないという。

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*