[WHO報告]昨年のマラリア感染者が世界で2億1,900万人超え 死亡者約43万5,000人

世界保健機関(WHO)は今月中旬までに、蚊を媒介とするマラリアの感染者が昨年世界で2億1,900万人に達し、死亡者が43万5,000人に上ったことを明らかにした。国別にみると、感染者数と死亡者数も、ブルキナファソ、カメルーン、コンゴ民主共和国、ナイジェリアなどアフリカ10ヶ国にインドを合せた11ヶ国で全体の7割を占める結果となった。感染者数は2016年以降再び増加傾向で、昨年は200万人の増加となったが、死亡者数は2010年の60万人から大幅に減少している。一方、マラリアをほぼ根絶したと認定された国の数は世界で46ヶ国に及び、2010年の37ヶ国から増加した。

SOSSKYNET News
http://sossky.net/news/2018/11/28/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%A9%9F%E9%96%A2-%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%8B-%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%8B-who%E5%A0%B1%E5%91%8A-%E6%98%A8%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%9E/

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*