[日本]千葉県:ブルセラ症に獣医師が感染・犬からの感染疑い

”ブルセラ症はブルセラ属菌による人獣共通感染症である。食料や社会・経済面のみならず、共同生活者としても動物への依存度が強い国や地域では、いまだに重要な感染症の一つである。”(国立感染症研究所)

朝日新聞によると、8日千葉県の、県内に住む動物病院に勤める50歳代の男性獣医師が、動物から人間に感染する感染症「ブルセラ症」にかかったと発表した。県内でのブルセラ症の発生は初めてだという。

県疾病対策課によると、男性は昨年12月14日にインフルエンザの症状に似た発熱を訴えて医療機関を受診。その後いったん快方に向かったが、同下旬に両手のしびれや足のふらつきが出て、同27日から鴨川市内の医療機関に入院した。今年3月5日、血液検査の結果からブルセラ症と診断され、安房保健所に発生届があった。現在は同市内の別の医療機関で入院治療中という。犬から感染した可能性もあるという。

引用元:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL3943DKL39UBQU00Q.html?iref=com_apitop

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*