インフルエンザが北半球で大流行

WHOによると北米、欧州など北半球の温帯域でインフルエンザが大流行中であり、殊に東アジアでは中国を中心に流行が拡大しつつあるという。
インフルエンザは日本でも大流行が続いているが、一部の国では入院や緊急医療の機能が追いついておらず、各国政府に対応が求められている。

カテゴリー: 医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*