ヨーロッパでの麻しん流行のアメリカ大陸への影響

2017年12月1日付で、汎米保健機関(PAHO)より、ヨーロッパでの麻しん患者の報告が増加していたことを踏まえて、(アメリカ大陸地域でも)人々を麻しんと風しんから防ぐために、調査活動の体制を強化し、適切な対策を実施することと、アメリカ大陸地域でこれらの病気が既にゼロである状態を維持することに努めることを、加盟国に要請しました。 ここでは、公表された注意喚起情報のうち、発生状況についての要旨を紹介いたします。

2016年10月から2017年9月にかけて、ヨーロッパ地域の国々からは麻しんの確定診断患者15,941人が報告されました。そのうち、86%(13,712人)が2017年に報告されました。この間、ルーマニアでの発生率が最高(人口100万人あたり252.4人)であり、次いでイタリア(人口100万人あたり82.4人)、タジキスタン(人口100万人あたり77.3人)と続いていました。2017年おける死亡者が、ルーマニアでの10人を始め、20人報告されました。

ヨーロッパ地域では、2017年に、麻しんが56%(7,725人)で検査確認(血清学的検査、ウイルスの検出・分離)されました。残る患者は、疫学的な関連性や臨床経過の一致から(麻しんと)分類されました。ここで同定された遺伝子亜型は、D8(n=405)、B3(n=547)、H1(n=22)、D9(n=1)でした。

この他の大陸では、2016年から2017年にかけて、中国、エチオピア、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、ナイジェリア、フィリピン、スリランカ、スーダン、タイ、ベトナムなどで、麻しんの流行が報告されました。

厚生労働省検疫所
http://www.forth.go.jp/topics/2017/12041154.html

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*