インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める

インフルエンザの流行期に入った自治体が出始めている。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数(第44週、10月30日~11月5日、速報値)によると、既に流行期入りしていた沖縄県や福井県に続き、新潟県や長崎県でも全域で流行の目安である「定点当たりの患者数が1人/週」を超えた。本格的な流行を前に各自治体は、手洗いの励行やマスクの着用、ワクチンの接種など積極的な感染予防を呼び掛けています。ご注意ください。

日経Gooday http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/122200053/111000038/

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*