鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト感染症例

2016年11月21日
外務省海外安全ホームページにて鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト感染症例が報告されました。現在、人から人への感染報告はありませんが、中国や香港に渡航する際は注意が必要です。
症状については、多くの患者に発熱や咳、息切れ等の症状に加え、重症の肺炎に発展するケースが見られましたが、詳細は現在も不明です。
感染予防として、こまめに手洗いを行うことや、生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立ち入りを極力避けて下さい。

参照
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C310.html

————————————————————————————

インフルエンザ

毎年秋から冬にかけてインフルエンザの流行シーズンです。インフルエンザの感染が拡大しないように、政府オンラインの“インフルエンザの感染を防ぐポイント”を参照に、一人一人が「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

参照
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA