ジカウィルス感染症について

2016年8月29日現在中南米を中心にジカウィルス感染症の感染が多数報告されています。厚生労働省の報告によると、8月29日の時点で、中南米・カリブ海地域を中心に、オセアニア太平洋諸島、アフリカ、アジア地域、アメリカフロリダ州の一部において感染の報告がされています。
ジカウィルス感染症は、蚊を媒介して感染します。ジカウィルス感染症の初期症状は症状が無いか軽い為、気づきにくい事がありますが、数日後に軽度の発熱、発疹、結膜炎、関節痛、筋肉痛、倦怠感、頭痛等の症状が見られた場合は、医療機関を受診してください。

ジカウィルス感染症の感染媒体は主に蚊による感染ですが、性行為により感染した症例が報告されています。また、妊娠中にジカウィルス感染症に感染すると胎児に小頭症等の先天性障害を来す事がある為、妊婦及び妊娠の可能性がある方は、可能な限り対象地域への渡航は避ける様推奨されています。

ジカウイルス感染症の流行地域(2016年8月29日)
○中南米・カリブ海地域
アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルバ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、ボリビア、ボ ネール、ブラジル、ケイマン諸島、コロンビア、プエルトリコ、コスタリカ、キューバ、キュラソー島、ドミニカ国、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバ ドル、仏領ギアナ、グレナダ、グアドループ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、メキシコ、ニカラグア、パナマ、 パラグアイ、ペルー、 サバ島、サン・バルテルミー島、セントルシア、セント・マーティン島(仏領サン・マルタン及び蘭領シント・マールテン)、セントビンセント及びグレナディーン諸島、シント・ユースタティウス島、 スリナム、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島、米領バージン諸島、ベネズエラ

○オセアニア太平洋諸島
米領サモア、フィジー、ミクロネシア連邦コスラエ州、マーシャル諸島、ニューカレドニア、パプアニューギニア、サモア、トンガ

○アフリカ
カーボベルデ

○アジア地域
インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム

○北米地域
米国フロリダ州の一部

ジカウィルス感染症の詳細は、以下の各省庁発表の資料をご参照下さい。
厚生労働省:
http://www.mhlw.go.jp/…/06-Seisakujouhou-109…/0000134909.pdf

厚生労働省検疫所:
http://www.forth.go.jp/news/2016/01261317.html

政府広報オンライン:
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201605/2.html

国立国際医療研究センター国際感染症センター
http://www.mhlw.go.jp/…/06-Seisakujouhou-109…/0000129873.pdf

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA