ブラジル及びコロンビア

2015年10月21日付けで公表されたWHOの情報によると、ブラジル及びコロンビアの国際保健規約(IHR)国家担当者からそれぞれに10月8日と16日に、PAHO/WHO(汎米保健機構)にジカウイルス感染症患者の発生が報告されました。

ブラジルの公衆衛生当局は、2015年5月に国内北東部でジカウイルスの国内感染を確認しています。10月8日の時点で、ジカウイルスの国内感染例が、Alagoas(アラゴアス)、 Bahia(バイーア)、Ceará(セアラー)、Maranhão(マラニョン)、Mato Grosso(マット・グロッソ)、Pará(パラー)、Paraná(パラナー)、Paraíba(パライバ)、Pernambuco(ペルナンブコ)、Piauí(ピアウイ)、Rio de Janeiro(リオ・デ・ジャネイロ)、Rio Grande do Norte(リオ・グランデ・ド・ノルテ)、Roraima(ロライマ)、São Paulo(サン・パウロ)の14州で確認されています。

 コロンビアでは10月16日の時点で、ボリーバル県(Cartagena (カルタヘナ)から13検体とTurbaco(トゥルバコ)から85検体)から集められた98検体のうち、9検体でジカウイルス感染症と検査確認されました。これらは、この国で確認された初めてのジカウイルス感染症患者です。

ジカ熱はジカウイルスによって引き起こされるウイルス性疾患で、蚊によって媒介されます。蚊に刺された後3〜12日程度で発症し、軽度の発熱、発疹(主に斑点状丘疹)、頭痛、関節痛、筋肉痛、無力症、および非化膿性結膜炎を呈します。4人に1人は症状を発現しないこともありますが、通常、感染した人の中では2〜7日間続く軽度の症状を伴います。多くの場合、その臨床症状はデング熱や蚊が媒介する病気に似ています。

ブラジルおよびコロンビアへ渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、蚊に刺されないよう対策をとるようにしてください。

http://www.forth.go.jp/topics/2015/10221346.html

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA