タンザニア―コレラ

2015年10月21日付で公表されたWHOの情報によると、タンザニアの健康保健省からWHOに国内の新たな流行の感染地域について報告されました。10月13日までに、13地域が感染の影響を受けています。感染地域は、Dar es Salaam(ダルエスサラーム), Morogoro(モロゴロ), Pwani(プワニ) 、Kigoma(キゴマ)、Kilimanjaro(キリマンジャロ)、Iringa(イリンガ)、 Dodoma(ドド マ)、Geita(ゲイタ)、Mara(マラ)、Singida(シンギダ)、Shinyaga(シニャンガ)、Mwanza(ムワンザ)とZanzibar(ザンジバル)自治政府です。10月19日までに、累計患者は4,835人となり、68人が死亡しています。ダルエスサラーム州が全報告患者(3,460人)の72%を占めています。ザンジバルでは患者140人が報告されています。

WHOは、現在、利用可能な情報に基づく判断として、コレラの感染が流行する如何なる国に対しても渡航や貿易の制限を勧めてはいません。

 飲料水が媒介する疾患であるコレラは、コレラ菌に汚染された水を飲み、食品を食べる人々に感染し、重い下痢と脱水の症状を起こします。治療をしなければ、特に若年者と高齢者では、コレラは瞬く間にショックや死につながることがあります。

タンザニアへ渡航、滞在される方は、今後の情報に注意してください。

http://www.forth.go.jp/topics/2015/10221040.html

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*