ラオスーポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。2015年10月12日のWHOの情報によると、10月8日にラオスの国際保健規約(IHR)国家担当者はワクチン由来のポリオウイルス1型患者1人をWHOに報告しました。ラオスで、ワクチン由来のポリオウイルス1型(cVDPV1)の流行による患者1人が確認され、患者は8歳男児で、9月7日に麻痺を発症し9月11日に死亡しました。

このウイルスの遺伝子配列は10月6日にワクチン由来であることが確認され、2年以上もこの地域で流行していたことが示唆されています。この患児はボーリカムサイ県Bolikhan地方に住んでいました。この地域は、以前から予防接種率が低く、2009年から2014年における3回の経口ポリオワクチン接種率は40%から66%と報告され、2015年も現在までは44%でした。ラオスに常在した野生型ウイルスの最後の患者は1993年に報告されています。

 WHO海外旅行および健康情報では、ポリオ発生の影響を受けた地域に旅行するすべての者に対して十分にポリオの予防接種を受けることを勧めています。感染地域からの住民および4週間以上の滞在者は、その出発に先立つこと4週から12か月の間に、経口ポリオワクチンまたは不活化ポリオワクチンの追加接種を受けることが必要です。

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA