マダガスカル―ペスト

2015年9月6日にマダガスカルの保健省はペストの集団発生をWHOに報告しました。

最初の患者はMoramanga(ムラマンガ)地区郊外の街で8月17日に発見され、8月19日に死亡しました。8月30日までに14人のペスト患者が確認され、そのうち10人の死亡が報告されています。患者は全員が肺炎(肺ペスト)を発症しています。8月27日以降、感染地区および近隣地区から新たな患者の報告はありません。

 ペストは、主に野生の齧歯類に感染するペスト菌(Yersinia pestis)が起こす細菌感染症です。ノミよって齧歯類に次々と広がります。ペスト菌をもったノミに人が咬まれると、通常、鼠径部の腫れ(リンパ節の腫脹)を特徴とする腺ペストとなります。細菌が肺に到達すると、患者は肺炎(肺ペスト)を発症し、細菌を含む飛沫が咳によって飛ばされて、人から人へ直接感染します。腺ペストは、早期に診断されれば抗生物質での治療で効果が、肺ペストは最も致死率の高い疾患の一つです。患者は感染後24時間で死に至る可能性があります。死亡率は治療を開始するまでの速さにかかってきますが、それが分かっていても死亡率は非常に高いです。

現在の流行は、マダガスカルで2014年11月をピークに2014年から2015年にかけて発生し335人を超える患者と、79人の死亡者が報告された別のペスト流行から続くものです。

WHOは、現在利用できる情報からは、いかなる渡航および貿易の制限も推奨はしていません。

カテゴリー: 最近の医療関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*